uehara1.jpg上原 彩子(ピアノ) Ayako Uehara
 3歳児のコースからヤマハ音楽教室に入会し、「幼児科」を修了の後、「ジュニア専門コース」に進む。1990年よりヤマハマスタークラスに在籍。ピアノを、江口文子、浦壁信二、ヴェラ・ゴルノスタエヴァに師事。1992年ドイツの第3回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクールA部門第1位。1995年9月仙台での「第2回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門第2位入賞。・・・・・・・・・続きプロフィール全文
photo:三浦興一

2008年12月01日

プロフィールをもっと知りたい。

出身:香川県
趣味:読書と水泳
ストレス解消:子供と遊ぶこと
posted by JapanArts at 15:57| もっと知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

プロフィール

uehara1.jpg
上原 彩子(ピアノ) Ayako Uehara
 3歳児のコースからヤマハ音楽教室に入会し、「幼児科」を修了の後、「ジュニア専門コース」に進む。1990年よりヤマハマスタークラスに在籍。ピアノを、江口文子、浦壁信二、ヴェラ・ゴルノスタエヴァに師事。1992年ドイツの第3回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクールA部門第1位。1995年9月仙台での「第2回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門第2位入賞。これらの活躍に対し、各務原市栄誉功労表彰の第1回受賞者となり、併せて岐阜県民栄誉賞も受賞。
 1998年モスクワの第11回チャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で、最年少セミ・ファイナリストとなる。2000年3月、第5回浜松国際ピアノアカデミーに参加、ピアノアカデミーコンクールでは、アカデミー史上、初のグランプリを受賞。同年7月、シドニー国際ピアノコンクールにて第2位及びピープルズ・チョイス賞、オーストラリア人作品賞、室内楽賞、ショパン賞、シューベルト賞、ドビュッシー賞、エチュード賞を受賞。   また同年11月、第4回浜松国際ピアノコンクールにて第2位、及び日本人作品最優秀演奏賞を受賞。
 2002年6月、第12回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門において、女性としては史上初めての第一位を獲得。日本人としてもピアノ部門での第1位は初めてとなる。
 2008年度第18回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。
 これまでに日本国内はもとより、オーストリア、フランス、ドイツ、ポーランド、イギリス、アメリカなど世界各地の音楽祭、リサイタルやテレビ出演の他、M.ロストロポーヴィチ、ヤノフスキ、K.ヤルヴィ、小林研一郎、小松一彦、飯森範親、大友直人各氏の指揮のもと、国内外のオーケストラのソリストとしての共演も多い。また、2003年にはベルリン放送交響楽団、2004年にはモスクワ放送交響楽団と日本ツァーを行い、いずれも高い評価を受けた他、同年にはロンドンのウィグモアホールにて行ったリサイタルデビューが絶賛され、翌年6月に再びウィグモアホールにてリサイタルを行っている。また、2004年12月にはデュトワ指揮NHK交響楽団と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれた。2005年10月には、マゼール指揮トスカニーニ・フィルとの日本ツアーでベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏し絶賛を浴びた。CDは日本人ピアニストとして初めて、EMIクラシックスと契約し、チャイコフスキーの作品を収めた「グランド・ソナタ」、フリューベック・デ・ブルゴス指揮のロンドン交響楽団との共演によるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番及びプロコフィエフのソナタ7番等を収めた「プロコフィエフ作品集」がワールドワイドで発売されている。
 2006年1月10日には「日本におけるロシア文化フェスティバル2006」オープニング・ガラコンサートでゲルギエフ指揮マリンスキー管弦楽団と2007年1月にはベルリン・フィル八重奏団と共演、また、2010年5月にはユーリー・バシュメット率いる国立ノーヴァヤロシア交響楽団との日本ツアーを行ない高く評価された。

photo:三浦興一
posted by JapanArts at 16:56| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。